2022/10/10

加熱時間が約1/3に短縮!保温調理で節電の強い味方。サーモスの真空保温調理器シャトルシェフ

累計販売台数560万台(※2022年4月時点)のサーモスのロングセラー!

一個人編集部

この記事をシェア

この秋冬、上手に省エネしながら温かい調理を。

サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3001)
メーカー希望小売価格:19,800円(税込)

エネルギー料金が高騰する秋冬、おススメの真空保温調理器!


電気料金の高騰が続くなか、いよいよ秋から冬へ突入。鍋物や煮込み料理が恋しい季節となりました。節電したいけれど、やっぱりあったかい料理は食べたい。家計も気になるけれど、毎日の食卓は温かいもので充実させたい。そんなご家庭にご紹介したいのがこちら。サーモスの「真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3001)」。サーモスが1989年から発売しているロングセラー製品です。

調理鍋を短時間加熱した後に、魔法びん構造の保温容器「真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3001)」に調理鍋ごと入れるだけ。鍋を火にかけ続けることなく魔法びんの高い保温力で、余熱をつかってじっくりと煮込むことができます。

たとえば、カレーの場合、普通の鍋と比べて火にかける時間は約1/3に短縮でき、節電につながります。加熱のあとは、魔法びん構造の保温容器で保温。火を使わないので省エネになりますし、お鍋につきっきりにならなくていい。調理時間の短縮にもつながります。累計販売台数560万台(※2022年4月時点)のサーモスのロングセラー「真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3001)」、この秋冬の温かい調理にいかがでしょう。


[サーモス] シャトルシェフ KBJシリーズ PRODUCT MOVIE [THERMOS]
魔法びん構造で保温するから短時間の加熱で色々なお料理が美味しく簡単に出来上がります。ふっ素コーティング有りでお手入れしやすい。
5 件

WRITTEN BY

一個人編集部

この記事をシェア

おすすめの記事