「名越 康文」の記事一覧

1件の記事があります

PROFILE

名越 康文

なこし・やすふみ
精神科医
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。
専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府中宮病院(現:大阪精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。
最新刊は「「鬼滅の刃」が教えてくれた 傷ついたまま生きるためのヒント」(宝島社)。

なこし・やすふみ
精神科医
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。
専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府中宮病院(現:大阪精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。
最新刊は「「鬼滅の刃」が教えてくれた 傷ついたまま生きるためのヒント」(宝島社)。

特集

【「自分」や「不安」との付き合いかた】名越康文さんインタビュー

そうだ、名越先生に聞いてみよう。

  • 健幸長寿

名越 康文

2021/10/09

1 件