連載

2021/12/20

運動不足になりがちな冬にオススメ! さば缶と野菜チップスの極旨シチュー

缶詰博士の極旨完全レシピ(金華さば醤油煮缶)

黒川 勇人

この記事をシェア

体を鍛えたい時はさば缶が最適!

 いろいろなことがあった今年。振り返ると一番印象に残っているのは、やっぱり東京オリンピックであります。メダルの獲得数もすごかったが、競技後にライバル同士が讃えあう姿が良かった。その感動シーンが頭から離れず、オリンピックロストになったもの。

 オリンピックを思い出して「自分も身体を鍛えるか!」と思ったあなた。食事にぜひ、さば缶を加えていただきたい。豊富に含まれるタンパク質は筋肉の材料になるし、さばの脂にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれる。摂取すれば血の巡りが良くなって、体内の酸素運搬能力が上がると言われている。

 そのまま食べるのも能がないので、極旨シチューを作ってみた。さば醤油煮缶にバゲット、野菜チップスを加え、鍋で温めるだけという缶たんレシピだ。

 肝心のさば缶は、木の屋石巻水産「金華さば醤油煮」をプッシュしたい。味のいい金華さばを、水揚げ当日に缶詰にするフレッシュパック製法で造っている。原料、製法へのこだわりはまさに金メダル級!
木の屋石巻水産/金華さば醤油煮 170g 600円(税込)
RECIPE!!(2人分)
(1)さば醤油煮缶を汁ごと鍋に入れ、水100ml、バゲットを加えて弱火にかける
(2)1が温まったら火からおろし、市販の野菜チップスを加えれば缶成!
5 件

WRITTEN BY

黒川 勇人

くろかわ・はやと
1966年福島県生まれ。
日本缶詰協会公認の缶詰博士として様々なメディアで活躍中。世界50カ国・数千缶の缶詰を食している世界一の缶詰通。

くろかわ・はやと
1966年福島県生まれ。
日本缶詰協会公認の缶詰博士として様々なメディアで活躍中。世界50カ国・数千缶の缶詰を食している世界一の缶詰通。

KEYWORDS

この記事をシェア

おすすめの記事