連載

2022/01/24

知られざる名缶でつくる「絶品釜揚げしらす丼」

極旨缶詰レシピ(しらす缶)

黒川 勇人

この記事をシェア

企業の執念が生んだ、驚きの缶詰!

 世の中には知られざる名品というやつがある。缶界(缶詰業界)においても、目立たぬところで実はすごい缶詰が登場しているのだ。

 22018年4月に「山梨罐詰」から発売されたのは釜揚げしらすの缶詰。あの真っ白でふわふわ柔らかいやつが、そのままの姿で缶に入ってるんであります!

 塩気の塩梅もほど良く、器に盛りつけたら絶対に缶詰だとは判らないだろう。しかしあの食感を再現するには相当なご苦労があったようで、一度はあきらめかけたという。

 山梨罐詰は静岡の企業だ。それなのに社名が山梨とはいったいどういうことか判らないが、それはともかく。しらすは静岡を代表する産品なれど、通常は冷蔵・冷凍品だ。それを缶詰化することで、常温でも手軽に持ち運びできるようになったわけだ。静岡の美味をもっとPRしたいという執念が生んだ名品であります。
山梨罐詰/静岡釜揚しらす缶詰 2500円(税込、6缶セット)
RECIPE!!
(1)白ごはんに千切った海苔をしく
(2)釜揚げしらす1/2とおろししょうがを乗せれば缶成! お好みでしょう油を垂らしても絶佳!
5 件

WRITTEN BY

黒川 勇人

くろかわ・はやと
1966年福島県生まれ。
日本缶詰協会公認の缶詰博士として様々なメディアで活躍中。世界50カ国・数千缶の缶詰を食している世界一の缶詰通。

くろかわ・はやと
1966年福島県生まれ。
日本缶詰協会公認の缶詰博士として様々なメディアで活躍中。世界50カ国・数千缶の缶詰を食している世界一の缶詰通。

KEYWORDS

この記事をシェア

おすすめの記事