連載

2021/10/25

缶詰の名品「べにさけ茶漬缶」はパンにも合う!

缶詰博士の極旨完全レシピ(べにさけ茶漬缶)

黒川 勇人

この記事をシェア

鮭のうまみがじゅんじゅん広がる

「あけぼの特選べにさけ茶漬」は、知る人ぞ知るマルハニチロの名品であります。うまみの濃い紅鮭のほぐし身なんだけど、植物油に浸しているのが一番のポイント。舌に乗せればしっとりジューシーで、鮭のうまみがじゅんじゅん広がるのだ。

 品名は茶漬になってるが、茶を注がず、熱々ごはんに乗っけるだけでもかなりウマい。そこに刻み海苔や炒りごまを加えると、もっとウマい。

 そうして、ごはんとの相性を堪能したあとでオススメしたいのが、パンと合わせる方法。とくにホットサンドの具にすると、鮭の塩気とパンの甘み、バターのコクが相まっていい缶じなのだ。ついでに、出回り始めたアスパラガスも挟めば、彩りもよろしく、栄養価もぐんと高まる。さらにさらに、海苔も挟んで香ばしさをプラス! ああ、こんなサンドイッチを持って花見に出掛けたいものですなァ。
マルハニチロ/あけぼの特選べにさけ茶漬 180g 1500円(税込)

RECIPE!!

(1)食パンにバターを塗って海苔を敷き、べにさけを広げ、茹でたグリーンアスパラガスを乗せる
(2)上から食パンを乗せ、ホットサンドメーカで挟んで焼けば缶成!
6 件

WRITTEN BY

黒川 勇人

くろかわ・はやと
1966年福島県生まれ。
日本缶詰協会公認の缶詰博士として様々なメディアで活躍中。世界50カ国・数千缶の缶詰を食している世界一の缶詰通。

くろかわ・はやと
1966年福島県生まれ。
日本缶詰協会公認の缶詰博士として様々なメディアで活躍中。世界50カ国・数千缶の缶詰を食している世界一の缶詰通。

KEYWORDS

この記事をシェア

おすすめの記事