特集

2022/01/07

1月の節句はなぜ7日? 「人日」の意味とは?

知れば納得「節句」のしきたりと成り立ち

新谷 尚紀

この記事をシェア

七草とは、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな 、すずしろ。本来は2月頃に生える植物だ。
1月7日「人日の節句」には七草粥をいただくのが古来のしきたり。重要な年中行事の日として江戸時代に制定された「五節句」のひとつだ。五節句とは、奇数を縁起のよい「陽」の数字とする中国から伝わったならわしである。その由来と意味を日本のしきたりに詳しい國學院大學の新谷尚紀教授に伺った。

江戸時代に公的な行事・祝日となった五節句

「節」とは、季節の変わり目のこと。「二十四節気」のほかに、季節の節目に設けられた日を「節句」といい、特に重要な年中行事の日として「五節句」が定められた。
 もともと中国から伝わったもので、植物の力で邪気を祓う風習があり、それに日本の風習も合わさった。
 江戸時代には、公的な行事になり、農作業などの仕事を集落全体で休む日となった。

「新暦と旧暦では約1カ月のずれがあるのに、旧暦の日付をそのまま今の暦に当てはめています。だから、実際の季節感とは一致していません」(新谷教授)

 確かに「上巳の節句」は、「桃の節句」として有名だが、桃の開花はだいたい4月に入ってからだ。
 また、「七夕の節句」は梅雨の真っただ中で雨の確率が非常に高く、天の川を見られることは稀だ。
 そのため、旧暦の季節感に合わせて、五節句にちなむ祭りを1カ月遅れで行う地域もある。
 8月7日に七夕祭りをする地域は、仙台を始め全国的に少なくない。

 ところで、1月の節句はなぜ1月1日ではなく7日なのだろう。

「元日は、1年の始まりの大切な日で、お屠蘇で病を除けます。それよりも7種の薬草を食べる7日がよいと考えられたようです」(新谷教授)

「五節句」の意味と由来

人日(じんじつ)の節句【1月7日】 七草粥を食べて無病息災を祈願

正月7日の朝に七草粥を食べて、1年間の無病息災を祈る。中国では、元旦から6日までは獣を当てはめて占い、7日は人を占う日だったというのが人日の由来。旬の生命力溢れる七草にはさまざまな効能があり、七草粥は正月料理で疲れた胃をいたわるとともに、青葉の少ない冬場にビタミン補給もできる理にかなった食べ物といえる。

上巳(じょうし)の節句【3月3日】 身を清めたり人形(ひとがた)を流す習慣があった

女の子の成長を祝い、幸せを願う行事で、「桃の節句」として親しまれる。かつては紙の人形(地方によっては雛人形)に災いを移し、自分の身代わりとして海や川に流して邪気や厄を祓っていた。それが、貴族の女の子たちの「雛遊び」と結び付き、江戸時代になってから「雛祭り」として定着した。雛人形を飾り、縁起のいいお菓子や料理で祝う。雛祭りが終わるとすぐに人形を片付けるしきたりは、かつて川に流した風習の名残り。

端午(たんご)の節句【5月5日】 清めの習慣から男児への祝いへと変化した

男の子の成長を祝い、立身出世を願う行事。かつては若い女性が、菖蒲(しょうぶ)やよもぎの葉で屋根を葺いた小屋で身を清め、厄を祓い、田植えの準備をした。武家社会になってから菖蒲が尚武(武道)につながるとして鎧兜を飾るようになり、男の子の節句に。鯉のぼりや五月人形も飾り、「子孫繁栄」の願いを込めた柏餅と邪気を祓うちまきを食べる。

七夕(たなばた)の節句【7月7日】中国と日本の伝説が融合、禊の儀式を行う

願い事を書いた短冊や色紙で作った飾りを笹竹に吊るし、願いが叶うよう祈る行事。中国古来の織姫と彦星の伝説と、「乞巧奠(きっこうでん)」という裁縫や習字の上達を短冊に願う風習、それに日本の棚機女(たなばたつめ)伝説とが結び付いたのが始まり。先祖の霊を迎えるお盆の前に、梅雨の穢れを祓う禊の意味もある。灯籠流しや「ねぶた」も七夕に由来する行事だ。

重陽(ちょうよう)の節句【9月9日】 長寿の妙薬とされた菊を食す行事に由来

「菊の節句」とも呼ばれ、秋の収穫を盛大に祝う日。花弁を浮かべた菊酒を飲んだり、菊の花の露や香りを綿に移して顔や体を清めたりすることで、長寿と健康を祈る。中国で古くから縁起がよいとされてきた陽数(奇数)のうち、最大数の9が重なる「重陽」というめでたい日で、長崎など「御九日(おくんち)」と呼んで祭りを行う地域もある。
15 件

WRITTEN BY

新谷 尚紀

しんたに・たかのり
國學院大學大学院客員教授。
1948年広島県生まれ。早稲田大学第一文学部史学科卒業。
同大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。
社会学博士(慶應義塾大学)。
現在、国立歴史民俗博物館名誉教授、國學院大學大学院客員教授。
著書に『伊勢神宮と出雲大社』(講談社学術新書)、『神道入門』(ちくま新書)など多数。

しんたに・たかのり
國學院大學大学院客員教授。
1948年広島県生まれ。早稲田大学第一文学部史学科卒業。
同大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。
社会学博士(慶應義塾大学)。
現在、国立歴史民俗博物館名誉教授、國學院大學大学院客員教授。
著書に『伊勢神宮と出雲大社』(講談社学術新書)、『神道入門』(ちくま新書)など多数。

KEYWORDS

この記事をシェア

おすすめの記事