特集

2021/12/19

初詣に行くなら信仰の根源たる「総本社(宮)」へ!

信仰別神社数ランキングもご紹介!

「一個人」編集部

●取材・文/吉田さらさ

この記事をシェア

全国に8万社以上もある神社では、同じ神様を祀っている場合が多い。
それは、神様を分祀する「勧請(かんじょう)」というシステムがあるからだ。
古くから神徳を頼られた神々を祀る「根源の神社」について、國學院大學兼任講師の島田潔さんに聞いた。

各地に勧請された神を祀るいわば神社の総本家

 旅行に出かけると、同じような名前の神社、たとえば○○八幡宮(はちまんぐう)や○○稲荷(いなり)などがあちこちに存在することに気づく。これらは、神霊を分霊して他所に遷し祀る「勧請(かんじょう)」によって、総本社(総本宮)から分社されたものだ。

「総本社とは、各地に勧請された神の根源の神社のことで、それぞれの分社にとっての総本家ともいうべき場所です。その神社から、歴史の中で様々な理由により神が分霊され、各地に勧請されていったのです」と、國學院大學兼任講師の島田潔さんは語る。

 日本では、古代より「八百万(やおよろず)の神」と呼ばれる多くの神々が、地域ごとにさまざまな形で信仰されてきた。その中でも特に有力な神々が、地域の枠を超えて信仰され、全国各地に分社を持つようになった。

 広く各地に分社を持つ有力な神社は、数多く存在する。たとえば、天照(あまてらす)大神を祀る伊勢神宮は、神明宮(しんめいぐう)などの名で全国に広まっていった。もともとはインドにおける仏法の守護神であった「クンビーラ」という神が金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)となり大物主神(おおものぬしのかみ)と習合して祀られてきた金刀比羅宮(ことひらぐう)、実在の人物、菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る天満宮(てんまんぐう)や天神社も数が多い。各地に勧請される神には、それぞれの時代背景により変遷や流行が見られる。

「たとえば中世には、荘園の鎮守の神として、伊勢や八幡、春日などの神々が各地に勧請されました。また、熊野比丘尼(びくに)の布教活動などによって、熊野信仰も広まりました。江戸時代には、商業の神としての稲荷神が爆発的に人気を呼び、後期になると、寺子屋の広まりとともに、学問の神としての天神信仰も流行しました。また、伊勢参りも庶民の間で大人気となりました」と、島田さんは言う。

 現在、数の多い神社は、過去にそれだけ多くの人々に信仰され、さまざまな形で全国各地に広まったということだ。なぜそうなったかと言うと、人々がその神にお参りするとご利益があると信じたことが大きい。

 神社信仰は決してご利益信仰ではないし、お参りに行けばすぐ願いが叶うというものでもないが、神社に祀られる神を心の拠り所として拝めば、それがよい結果につながるとも考えられる。特色あるご利益を持つ神もあるので、特別な願いごとのある人は、それぞれの総本社に詣でて、その神の根源に触れてみてはいかがだろうか。

 下記、信仰別神社数ランキングには、総本社も記載しているので、初詣などの際に参考にしてもらいたい。

信仰別神社数ランキング

順位/信仰/神社数/総本社

1位/八幡信仰/7817社/宇佐神宮
2位/神明・伊勢信仰/4425社/伊勢神宮
3位/天神信仰/3953社/北野天満宮・太宰府天満宮
4位/稲荷信仰/2970社/伏見稲荷大社
5位/熊野信仰/2693社/熊野三山
6位/諏訪信仰/2616社/諏訪大社
7位/祇園・天王信仰/2299社/八坂神社・津島神社
8位/白山信仰/1893社/白山比咩神社
9位/山王信仰/1724社/日吉大社
10位/春日信仰/1072社/春日大社
11位/愛宕信仰/872社/愛宕神社
12位/三嶋・大山祇信仰/704社/三嶋大社・大山祇神社
13位/鹿島信仰/604社/鹿島神宮
14位/こんぴら信仰/601社/金刀比羅宮
15位/住吉信仰/591社/住吉大社
16位/大歳信仰/548社/木御歳神社
17位/厳島信仰/530社/嚴島神社
18位/貴船信仰/463社/貴船神社
19位/香取信仰/420社/香取神宮
20位/えびす信仰/408社/西宮神社・美保神社
21位/浅間信仰/397社/富士山本宮浅間大社
22位/秋葉信仰/362社/秋葉山本宮秋葉神社
23位/賀茂信仰/277社/上賀茂神社・下鴨神社
24位/白鬚信仰/267社/白鬚神社
25位/氷川信仰/228社/氷川神社

*)『現代・神社の信仰分布』(編集/岡田荘司・加藤直弥)文部科学省21世紀COEプログラム國學院大學「神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成」発行のデータより集計
6 件

WRITTEN BY

「一個人」編集部

出版社KKベストセラーズ
雑誌「一個人」編集部
本誌「一個人」のほか、健康や教養などを中心に、多層的なテーマを扱った増刊を編集制作しながらこのサイトを運営しています。

出版社KKベストセラーズ
雑誌「一個人」編集部
本誌「一個人」のほか、健康や教養などを中心に、多層的なテーマを扱った増刊を編集制作しながらこのサイトを運営しています。

KEYWORDS

この記事をシェア

おすすめの記事